フィナステリドが含まれている医薬品一覧

フィナステリドが含有されている医薬品として有名どころは、プロペシアとプロスカーになります。最初に登場したのはプロスカーです。この医薬品は前立腺肥大の治療薬であり、前立腺にまつわる病気に使われることが多いです。このプロスカーを服用している患者から抜け毛が止まった、もしくは頭髪が濃くなったといった副作用が起き、そこから男性型脱毛症として誕生したのがプロペシアです。現在では男性型脱毛症であるAGAで欠かせない医薬品になりました。

前立腺は男性にしかない臓器であることから、女性に対しての副作用がわからないこともあり、フィナステリドが薄毛に効果があるとされて、一時期女性も服用していた時期もありました。しかしフィナステリドは女性が服用するのは禁止されています。妊娠中であれば胎児の成長に悪影響を与える可能性があり、服用どころか触れることさえも禁忌されていますので、女性は特に注意しなければならない医薬品です。フィナステリドを服用している男性が家庭にいる場合は、取扱いに注意しましょう。

男性型脱毛症は脱毛原因となる男性ホルモンが産生されることによって引き起こされる症状です。薄毛の原因となる男性ホルモンの産生だけを抑える医薬品こそはフィナステリドになりますので、男性型脱毛症には欠かせない医薬品となり、ファーストチョイスされる治療薬です。最近では普通の内科でも処方されるようになりました。ただし保険診療ができませんので、高い医療費が掛かるのは覚悟しておく必要があります。服用をするのが基本の治療方法になりますが、薄毛専門クリニックであれば、フィナステリドを頭皮に注射する治療も最近では確立されており、高い成果が出ています。

■フィナステリドよりも効果が高いと注目されています
デュタステリドは脱毛抑制効果が高い