フィナステリドが含まれた飲み薬による副作用

フィナステリドは、男性ホルモンのテストステロンをジヒドロテストステロンに変換する酵素5αリダクターゼの活性を抑える薬です。
AGAの原因の一つは、テストステロンが変換してできたジヒドロテストステロンが、皮脂腺の受容体と結びつき、皮脂を過剰に分泌させて毛穴を塞ぐことによりおこります。
日本では2005年10月から販売を許可されて、AGAの治療薬としてクリニックで処方してもらい手に入れることができます。
長年使うと、使い方も副作用についても理解できていると考えられる人の中には個人輸入でフィナステリドを買い求めている人もいます。
フィナステリドは、使用を初めて早い人で3カ月くらいから効果が出始め、普通は6カ月くらいから、効果が出るのですが、3年間の使用でAGAの進行が止まった人は98%の上り、髪が増えた人は半年で48%、1年で58%、2年で68%、3年で78%に達します。
しかしながらこの薬は前立腺にも作用しますので、妊娠している女性の体の中にフィナステリドが入ると(飲んでもいけませんし、触れても経皮的に体内に入ることがありますので、錠剤のかけらにさわってもいけません)胎児が男の子の場合、生殖器が異常を起こす可能性があります。
また、過去の日本の臨床試験では5%ほどの人に、胃の不快感や性欲減退が起こりました。
他に大きな副作用はありませんが、起きる割合は不明ですが、肝機能障害起きる可能性があると、フィナステリドの発売会社から発表されています。
あと1%以下ですが男性に勃起不全とか男性不妊症とか精液の質の低下とかめまいとか蕁麻疹とか発疹が起きる可能性が報告されたいます。
なお、フィナステリドを服用すると、前立腺肥大の血液検査のマーカーが低く出る可能性がありますので、自分が前立腺検査を受ける場合は医師にその点を申し出る事が大切なのと輸血はフィナステリドを止めてから1カ月以上過ぎてからでないとできません

フィナステリドが含まれた塗布薬

フィナステリドはAGA治療薬として有効であることが認められ、海外だけに限らず日本でも認可されている医薬品成分です。元々は前立腺肥大症の治療に用いるために開発された抗アンドロゲン薬でしたが、薄毛に悩む男性の多くに発毛効果が認められたことからAGA治療薬として転用された成分です。日本ではプロペシアという名称で飲み薬として病院で処方されていますが、一部では外用薬としても使用されています。多くは育毛剤のミノキシジルと同時に配合したもので、他にも単体としてローションにしたものも存在しています。頭皮に塗布することで皮膚から成分が吸収されて、AGAの原因となるDHTの生成を抑制するというものですが、正直なところ効果はあまり期待できないものとなっています。医薬品というものは塗り薬よりも飲み薬の方が体に大きく作用するというのが基本で、プロペシアのような飲み薬でないと抜け毛が抑えられないという人も多いのが実状です。とはいえ、プロペシアを含むフィナステリド製剤は、内服薬として使用すると性欲減退やうつ症状といった危険な副作用を有しています。塗布薬としてのメリットは、皮膚から吸収されることから効果は薄いですが、塗った部位にしか作用せず、飲み薬にように全身に効果が広がるというのを防ぐことができる点です。血液に流れ込んで全身に広がれば別ですが、塗布薬はそれらのリスクが非常に小さく、副作用が小さいことから、プロペシアなどの飲み薬では効果はあるけれども、副作用が怖いという人にはぴったりの方法と言えます。フィナステリドが含まれるものにはフィナステリド0.25%ローション、または育毛剤ポラリスシリーズの一部で見られます。