抜毛に効果があるのはフィナステリドとイソフラボン

抜毛対策に使えるのがフィナステリドやイソフラボンです。どちらも薄毛の改善に期待ができるとされていますが、両者では作用する仕組みが違っています。
フィナステリドが作用する仕組みは脱毛作用のある物質を抑制してくれるからです。フィナステリドは男性型脱毛症対策の為に用いられていますが、この脱毛症の原因になっているのがDHTと呼ばれる物質です。ヘアサイクルを狂わせて発毛をし難い状態にしてしまう物質であり、男性型脱毛症の最たる要因とされています。ところがフィナステリドを飲んでいるとDHTを増やさないようにすることができますのでヘアサイクルも正常に戻すことができるのです。
一方のイソフラボンが良いとされる理由は、イソフラボンに女性ホルモンのような働きがあるからです。女性ホルモンの一つであるエストロゲンに近い働きをするのがイソフラボンの特徴なのですが、このホルモンには毛根の活動を延長させる働きがあります。男性と女性の毛髪を比較した場合、女性の方が伸び易いとされていますが、これは女性ホルモンを多く持っているのが理由です。ですから男性がイソフラボンを摂取することによって、女性ホルモンのような働きで抜毛を抑えてくれたり毛髪の成長を促進させることができます。
両者にはこうした作用があるのが特徴であり、それぞれに有効性があります。ただイソフラボンに関してはただの栄養補給のような役割として捉えられており、効果に関しては曖昧な部分があるようです。その点、フィナステリドに関してはれっきとした治療薬です。臨床試験でも抜毛予防や発毛効果が確認されており、病院の治療にも利用されています。ですから効果の高さで言えばフィナステリドの方が高いと言えるでしょう。